教育・子育て

子育ての当事者として、お父さん、お母さんを応援したい

 子育ての当事者として、「未来」そのものである子供たち、その子供たちを取り巻く環境と、お父さんお母さんの応援を もっともっと充実させていきます。
 これまで公明党は、児童手当の拡充、乳幼児医療の無料化の延長、アレルギー疾患対策、保育園のゼロ歳児・延長 保育の充実、ブックスタート(朝の読書、読み聞かせ)の前進、子育て・ファミリー・サポートセンターの設置、児童虐待防 止法の制定、奨学金改革、また育児・介護休業給付拡充、さらには少子化対策として不妊治療の健康保険適用を進め ています。
 このような公明党は、子育て・教育にかかわる政策を提案し、実現し、バージョンアップさせてきました。渋谷区におい ても、小学生全員に防犯ベルの配布、小中学校の冷房化を実現させました。
 さらに教師の質のチェック機構、教育費の軽減、通学路の総点検等、子育て・教育をさらに充実させ私たちの「未来」 である子供たちをしっかり育てる渋谷にしてまいります。

2005年春、公明渋谷は日本で初めての取り組みとなる「ハッピー・マザー助成(仮称)」の創設を提案しました。
これは妊娠期間も「児童手当」と同じ様に経済支援をするもので、子育て支援のスタートポイントの定義を根本的に変えようと するものです。2005年の成立を目指します。


    栗谷よしひこが実現しました!産前産後ケアの拡充!
  • 平成18年度よりハッピーマザー助成金制度を実施。
    また保育所「待機児童ゼロ」の実現めざし、
    未就学児の保育教育のため「認定・子ども園」を建設!