議会報告

くりや順彦代表質問での政策提案と進捗状況


    2003年【平成15年6月定例会(第2回)】
  • 渋谷区独自の「文化芸術振興条例」の制定

  • 渋谷区の文化芸術振興の協議機関の創設

  • ファミリーサポートセンターの充実

  • 保育園の定数拡大

  • バリアフリーの推進

  • ドッグランの設置

  • スポーツセンターの冬季屋外使用時間の延長

  • ホームレス対策、特に社会復帰のための支援

  •  
  • 2004年【平成16年9月定例会(第3回)】
  • 芸術文化振興のための、中小ホールの建設

  • 渋谷区役所内に文化施策専門セクションの創設

  • こども科学センターの充実

  • 特色ある公立校の推進

  • 理科教育特色校の推進

  • パワーリハビリ施設の設置

  • 区内施設利用外の減免・免除対象年齢を55歳から50歳へ

  • 清掃一部事務組合のスムーズな区移管

  • 健全なリサイクル事業推進のため古紙抜き取り業者への対応

  •  
  • 2005年【平成17年11月定例会(第4回)】
  • ハッピーマザー助成制度(渋谷区妊娠手当)の早期☆実現

  • 歳出削減のための手法として「事業仕分け作戦」の実施

  • 時代に即した「国勢調査」の改善

  • 住民基本台帳カードを利用した「公的個人認証サービス」の充実

  • Pay-easy等による電子納付サービスの創設

  • 区内工振興のための「インキュベーション施設」の設置

  • 旧代々木高校の活用

  • 自動体外式除細動器、いわゆるAEDの設置

  • 教育現場での文化芸術振興の推進・拡大

  • 理科教育の基本構想の策定

  •  
  • 2007年【平成19年6月定例会(第2回)】
  • 青色回転灯パトロールカー、いわゆる青パトの導入

  • 区の「モバイルサイト(携帯電話用ホームページ)」の構築を

  • 防災メールの導入

  • 自動体外式除細動器、いわゆるAEDの設置・拡大

  • 「落書き対策」を防犯と位置づけ、地域キャンペーン等へのサポート

  • 特色ある区立学校づくりの推進・拡大

  • 放課後クラブの保育時間の延長

  • 文化芸術振興財団の設立

  • ファッション・デザイン特化のインキュベーション施設の方向性

  • 旧学童館跡施設の有効活用

  • 認定子ども園の設置推進

  • マンモグラフィーによる乳がん検診の受診率向上策

  • ハチ公バスや役所の各証明書の手数料を電子マネーで支払可能に

  • 電子納付サービスの創設

  • 旧代々木高校跡地を特養に

  •  
  • 2008年【平成20年9月定例会(第3回)】
  • ファッション・デザイン特化のインキュベーション施設の方向性

  • 旧学童館跡施設の有効活用

  • 認定子ども園の設置推進

  • マンモグラフィーによる乳がん検診の受診率向上策

  • ハチ公バスや役所の各証明書の手数料を電子マネーで支払可能に

  • 電子納付サービスの創設

  • 旧代々木高校跡地を特養に

  •  
  • 2008年【平成20年9月定例会(第3回)】
  • 2010年トルコにおける日本年に向け、大きな視野での交流の推進

  • フィンランドでの教育研究と芬日協会との交流は、今後も継続を

  • 2011年完成の旧大和田小跡施設のオープニングイベント企画の策定

  • 旧大和田小跡施設のオープニングイベントにトルコとの芸術文化交流を

  • 区立中学の標準服(征服)のデザインコンペの開催

  • 松濤美術館で区有緑の美術森等の展示会を実施

  • 松濤美術館30周年へ向けた施設改修

  • 鉢山中学校理数教育重点校とスーパー・サイエンス・ハイスクール等と連携

  • 認定こども園設置に向け徹底した広報と周知を

  • ネット社会を生き抜くための教育プログラムを開発

  • 児童生徒の携帯電話利用状況を握し、傾向や早期の問題解決を

  • ハッピーマザー助成制度、こんにちは赤ちゃん事業の充実

  • 区のモバイルサイトの充実

  • 自衛隊参加のオールキャストでの区総合防災訓練の継続

  • 区総合防災訓練に児童生徒を含め学校関係者の参加を

  • 防災メールの構築

  • 09年5月21日からの裁判員制度への徹底した周知を

  • 区民活動支援サイトの構築

  • パワーリハビリ施設のシニア筋力トレーニング教室の修了者のフォローを